価値を最大限、引き出す。

かめてくの神無月餅です。今回はかめてくのサービスにおいて大事なことは何だろう?ってところに触れていきたいなと思います。

Twitterのフォロワー数をどんどん増やすためにキャンペーンをしている企業はあります。確かに企業公式の担当者より偉い立場の方から見れば、結果つまり数字という点ではフォロワー数というのは比較するために大事な数字となります。

Twitterから仕事を引っ張ってくるというのは大事でして、これも結果なんです。かめてくの場合、ブログメディアや写真販売に注力していますが、ブランド価値が上がることで少しずつ販売数は増えていますし、アクセス数や広告掲載、広告のクリック数、記事制作などメディアの方が圧倒的に収益は大きく、アクセス数を稼ぎたい!という企業はSNS運用は宣伝少なめでもいいのでやっていくことが大事だなと。

企業公式の中の人も、個人アカウントも中の人も全て人であって、仕事は分かりません。主婦という方もいますが、医療系や営業、経営者、運営者、現場の人間が多くいます。エンドユーザーと呼ばれる方々が多くいるんです。個人的な意見をダイレクトに会社の意見として通すことは出来ませんが、会社で消費される日用品、文具などは間接的ではありますが個人の意見を反映することは可能です。

組織的な選択は難しいものの、個人的な選択はエンドユーザーでも出来ることがあることは、意識しておいていいと思うのです。ただ、かめてくの場合、エンドユーザーは個人なので圧倒的に法人格は少ないので、このあたりは向き合っていきたいところです。

価値を引き出すといっても、品質向上は当たり前なのですが、サービスや選ばれるだけの理由をしっかりと築いていくことは大事です。かめてくでいえばサイトに行っても、見たい記事が見つからない、ボタンが押しづらい、広告が邪魔すぎる、読みづらい、など色々なハードルが存在します。

品質が高い記事を作ったとしても、たどり着けなければ意味がないですからね。かめてくの記事の品質を上げていきたいなぁ…

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP