週末の終わりに考えること。

かめてくの運営をやってきて、考えていることはしっかりと稼げるビジネスにすることではある。でもカメラ屋さんに相談したところ「誰でもできる仕事は商売として難しい」という、頷くことしかできない正論だった。

カメラマンもそうだけど写真を撮ること自体は誰でもできる。転売もそうだけど、職業人口数が多ければそれだけ競合するということである。

転売の商材というのは売れなくなった業界が最後に情報を売ってカモを探しているだけに過ぎないということ。おいしい話があるなら、まず裏付けを取って、儲かるかどうか長期的ビジネスとして全体的に利益が出るか、生きていけるかを考えないといけません。

こんなこと、学生でも説明すればわかります。つまり社会人になっても商売の基礎がわからない大人が転売で儲けようとしたとしても短期的に儲かっても、欲を出し大きな金を動かして、PS5の廉価版が出て価値が下がって損をするということは想像がつく話なのです。

相場が動くものより、相場が安定しており、価値を創造できるもので得意分野で勝負するのが一番なのです。

お店でスマホを見ながら購入している方がいますが、その時点で遅いのです。転売リストを買うのではなくて、自分の得意分野で売れる商品を探していくこそが、商売の基礎なのです。

かめてくがやっているブログメディアもギャラリーも撮ること、載せること自体までは誰でもできることです。問題はかめてくとして信用もありますが、かめてくとして出来ない仕事を探すことが大事なことです。

まぁそれをずっと考えてまして、今の仕事も給料はほぼ上がらないでしょうし、これ以上物価が上がれば生活はできなくなるでしょうから、稼げるシステムを見つけていくことは大事なことです。

じゃあ僕にできることは何だろう?って誰にでも出来ないことって何だろう?好きなことって何だろう?考えたら、ブログで何万文字とくだらないことを書き続けることです。

これに関してはツイッターでも活かせているところで、僕の性格にも合っているんですよ。仕事中誰かとしゃべりたくない僕として、上司と喋るのもストレスになっています。仕事なので上司とは会話しますが、それ以上はしたくありません。

ブログといいますか、ネットで?パソコンでずっと文章を打ち続けることは結構好きな気がします。考えずにぐちぐちと無駄な非生産的な発言を繰り返していくことなんですけど。

確かに誰かに読まれているし、暇つぶしになるわけです。逆に資格を取りたい!と思っているような人には向きません。非生産的な発言しかないので前進させるような発言はあまりにも少ない。

あれですけどね。資格はたくさん取っておいていいと思いますよ。その分野における資格は知識となりますので、ブログ記事を書く知識になりますからね。

何かを極めることで一つの分野について書くことで利益を得ることは可能なんですよ。面白い話でもいいでしょうし、仕事のこと、家族のこと、犬のことでもいいんですよ。

愚痴を書いてすっきりしたうえで利益を出すこともできますが、個人情報の問題もあるので、伏せて話すことが重要になったりますけど。

書いてる本人の性格が悪くなくて、敵を作らない存在だと問題は起きづらいように思います。基本的に身内にバレないようにしたいので、企業から仕事をもらってやってみるといいと思います。

そういう意味ではライター。Webライターなんて向いているんですけど、決められて記事を書くのが苦手なので、できれば取材という形でお願いしたんですけどね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP