報連相をやはり大人になっても、社会に出ても、プライベートでもやっておくと便利

かめてくの神無月餅です。もちと今は名乗っていたりしますが。

今回は報連相。社会人にとっちゃあ当たり前でも、ミスした原因も基本報連相をしておけば、大事には至らなかったのでは?ということはよくあります。

僕もそれなりの年齢となってしまい、周りにいる若い子たちには、報連相はやっておいた方がい。そうすれば社会で生き残れると。失敗してきた大人として伝えています。

写真というものは価値的には高いものではありません。特質した才能がない限り、評価されづらいものであり、人付き合いでの商売なのです。

僕の場合、写真を買うのは写真が好きだからというのはありますが、報連相や感謝の言葉、支援者の皆様への交流をしっかりとさせて頂き、信用信頼を築いてきたから、購入して頂けています。

僕自身の人間的な価値を反映させて、写真販売をやっているのです。

カメラ屋も同じ価格の同じカメラなら、仲が良いところや、家から近いとなど理由はしっかりと存在しています。

写真なんてただの紙切れすぎませんが、その価値を作り上げるのは、僕自身なのです。

そのように価値を高めていくのにも報連相は大事ですし、取引先があるのであればしっかりとやっていくべきことです。

書面で残していくことなども判断できる材料なので、報連相をやっていきたいですね。

失敗もまた良いのですが、減らす努力はしないといけませんね。

何かあれば伝える。これが大事。子どもが親にお腹痛い、学校休みたいと言うのも報連相ですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP