photographerと名乗るネット上の人物が多いってことで、それが写真への評価なんだと思う。

誰も写真を撮ることが出来ることは素晴らしいことである、先には僕はこのことを伝えて欲しい。タイトルに入れてるように、photographerと名乗って写真を載せて、誰かに評価を得るような「いいね」を貰おうとする人たちが増えたなぁと思う。

誰でも写真が撮れるというところにある弊害といえば弊害だけど、写真とは何か?という点においては感性と創意工夫の結果でしかない。どんなにTwitterやInstagramに写真を載せたところで、結果が全てなのだと思う。過程かどうこうという話はあるかもしれないけど、それは写真1枚からでは分からない。

山をヘリコプターで、登山したとしても結果は一緒なのである。苦労など分からないものであると。大事なのはやはり過程ではなくて、最終的に感性や創意工夫が出た結果的な写真となるのです。

写真というのはそういう評価が出るところで、多くの方が触れるようになったのは素晴らしいことで手軽さはあるのだから写真評価は上がらない。例えばプロの画家なんて聞いたことが無い。Twitterでみたことがない。創意工夫や感性を煮詰めたようななのが画家みたいなもので、そういう分野を知ることをしないと写真評価というのは上がらない。

基礎経験が足りないのは辛いことになるのだと。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP