写真から何を生み出し、何を寄与していくのか。

写真は芸術的な表現活動の一つでもあり、記録などの大衆的保存方法でもある。

僕ら写真を撮って表現活動を行う者は、写真を通じて、社会的に何を貢献するべきなのかを日々考えなければならない。

写真が大衆化した時点で、撮ることへの差別化を図ることは不可能である。

つまり写真技術だけではなく、写真に対する考え方を改めておく必要がある。

自分一人を養えるだけの生活費をどのように稼ぐかは、今回の写真が何を寄与することが出来るのか?を過程に含んだと結果ともいえる。

今回は、何を寄与することが出来るのかを考えていきたい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP