メルカリの利益が鈍化した話

メルカリの営業決算は、営業損失37億円(前年は51億円の営業黒字)、最終損失75億円(同57億円の最終黒字)となった。全体的に見れば黒字ですが、損失を出しているのが問題なのです。徐々にグラフ的に下がっている状態といえ、メルカリ市場で物の売買が少なくなっていることが分かります。

実際メルカリの偉い人たちも分かっているようですが、そもそも中古市場の原因は転売による中古品への不信感、中古市場の本質ともいえる個人間売買が少なくなったことです。これは新品の購入があってこそのものであり、中古として出すためには誰かが新品として買って不要になることが前提となっています。

もちろん新品で出品されることもありますが、売り続けなければいけないのは業者だけであって、個人は買い続ける必要はないし、そのような買う余力もありません。買うことが無くなれば売ることもありません。そしてサブスク市場の発展で「モノを借りて月々払い続ければ問題がない」という考え方があって、買うことが発生しないために売るモノが発生しません。

サブスクを出している企業がレンタル品を売却すれば出るかもしれませんが、それは多くの利用者に利用されてからとなり、出品された商品は価値を下げてからになってしまいます。

メルカリやヤフオクなどの中古市場がやらなければいけないのは、サービス名のブランド価値を高めて信用を得ていくことです。利用者数を確保できたとしても、僕みたいなカメラはカメラ屋で買った方が安心する人は一定数いるのです。

僕はメルカリを退会しカメラ屋で買うことにした勢です。1円でも高いとしても、そのお店で買うことが僕にとってのブランドなのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP