写真。

僕にとっての写真とは何かと考えている。かめてくという存在してから、なお悩ましい問題となっているんだけど…。確かにかめてくというのは写真総合サービスであって、写真家としては名乗っていない。

写真を関わること自体を仕事にしても、写真を撮る側になってしまっては楽しくはないだろうなって気持ちもあるし、写真を撮るという行為自体はやめていないので、やはり写真を撮る人たち、写真そのものの文化を育んでいきたい。

一眼レフから始まりミラーレスへ、スマホのカメラへと進化していく。形や時代は変われど、記録媒体、芸術媒体としての価値は変わらない。写真は確かに絵画が劣っているかもしれない。けども、価値を向上して近づけることは出来ないだろうか。

身近な趣味であり、身近な文化でもあるのだから。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP