価値

現在返済を頑張っている神無月餅です。最近なんか返済頑張ってるのに減らなないなぁって思っています。確かに夜勤もやめたし収入自体も減っているので少なからず減ります。外食の回数を減らす、いらないものを売るなどをしてきて、返済と月々支払い額的には少しずつ減っていたはずなんですけど。

こういう話をすると価値観が同じ幅の人とでしか実は会話にならないなってことを最近分かりまして、これはしっかりと記事にしてみんなにも考えておいてもらう必要があるなと。

まず「1万円」って高いですか?

僕にとって一か月分交通費1万円、仕事平日1日頑張ったら1万円程度(日当みたいな感じ)で、食費で言えば冷凍ごはんなら90個(税込み110円として)なので90食分に相当とし、朝昼晩毎日食べたとしても30日分になる金額なんです。自炊すればもっとですよね。これを安いと言えるのかどうかという点は実は価値観の違いなんです。どちらも間違ってない。ただ自分の価値観で、物事を理解したうえで「この商品が高い、安い」という概念で物事を語る場合、それは価値観の押し付けにしかならないんじゃないかって。

カメラやレンズをやっていますと年齢層、所得層が違い、人生の在り方そのものが全く人たちと出会います。年収300万円と年収1200万円の人と会話すると色々な在り方は違うので困ったことになります。例えば毎月1万円返済を頑張っている人がいて、1万円分の購入をすすめたらどうなりますか?ランニングコストがなく、一回限り、1万円分を買うことで100%プラスになる商品は存在します。例えば110円冷凍ごはんを80円冷凍ごはんで1万円分買うとか。一食あたりの食費代が30円浮き、3食30日分以上に長持ちします。

ランニングコストがかかりつつ、プラスになるかも分からない商品を売るとどうなるでしょうか?返済1か月分遅れ、利息があるならその分も追加されますから、それすら負担になるのです。

と借金で例えましたが、お金を捻出することを嫌い人もいますし、諸事情これ以上の予算はって方もいます。家を買うときも、車も、交通費も。相手の予算も考えず、ライフプランも考えずに物事を進めるのは、とても失礼な行為です。価値観が違うのですから。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP