百貨店に行く意味がない話

高島屋立川店が営業したということで、記事で生き残るための条件が書いてあったけど「年収が下がり支払う税金のみが増えていく」という生きて働くだけで罰金を払っているような国民が百貨店まで何を買いに行くのか?立川店に入っているニトリなどは低価格路線のお店ではないかと僕は思うんですけど。

百貨店で行くととしたら、最上階のフードコート、デパ地下食品コーナーが行く可能性があるぐらいで、これもまたお総菜コーナーが家近くにあれば、郊外の外食チェーンの方が安くて美味いとなれば行く必要がない場所になってしまう。紳士服を買う?実際大型ショッピングモールに行けばいいし、郊外にお店がある。ネットでも買える時代になって、高齢者でもスマホを使う時代になったんです。

働き盛りの若者や中高年の収入が増えないか、減るかの一方しかないのに誰が、何を買いに行くのか。富裕層も商標施設同士で奪い合うことしかできないのであれば、百貨店の立地を活かしきれていないだけなのかもしれません。駅近だけじゃどうになりません。

百貨店を利用されている方は何を利用されていますか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP