どうして写真屋として名乗るのか。カメラマンや写真家とは名乗らない。

かめてくの神無月餅です。本名と言いますと久保田です。今回の記事ではどうして写真家として活動をしないのか?という話があります。もちろん写真家名として神無月餅という名前は存在していますが、写真自体も販売し実績もあります。但しかめてくは写真総合サービス、写真屋として名乗らせてもらっています。

まず、僕の使命は最終的には「自分の写真で商売する」ことではなく「様々な写真で商売する」というところです。僕もももちろん写真家として商売させて頂きますが、かめてく自体の取引ではたくさんの僕だけではない写真を取り扱っていきたいと思っています。コストパフォーマンス的に僕の写真を掲載しているわけであって、利益集客状況によっては他の撮影者に依頼することもあることを想定し、かめてくでは写真総合サービスとして立ち上げています。

写真家としても活動することはありますがメインではありません。理由として「写真を撮って売ってでは生活ができない」からです。今のご時世誰でも写真を撮ることが出来ます。多くのカメラマンや写真家と競合をすることになり、それは現実的とは言えません。技術や感性は必要としますし、結局のところ「僕の限界があった場合、ビジネスの限界」となるというのは、かめてくというブランド価値の上限を決めてしまうことなります。

[写真購入者]
↓購入
[かめてく]
↓依頼
[神無月餅][お取引がある写真家様]

という感じでして、かめてくは仲介と認識なのです。

カメラマンに関しても、今のご時世厳しいです。誰でもスマホで撮影できるなかで高級な機材もすぐに手に入れることが出来ます。例えばプロ用機材も約60万円+レンズで手に入れることが出来ます。入学の記念写真や七五三などのイベント、冠婚葬祭など人生に関わる写真を撮るのですが、明らかにカメラマンの母数が多いのです。拘りを持たなければスマホでも構いません。結婚式もしなくていい時代になりました。一回の撮影で1万円ほどなのですが、大手製造業のフルタイムであれば1日1万2000円以上稼ぐことも可能なのです。

カメラマンも副業をしており、カメラ屋で働きながらカメラマンやサイトに登録して稼いでいるカメラマン、委託を受けて活動するフリーノカメラマンがほとんどです。名乗るほどではないことが分かります。

正直に申し上げて、写真販売、広告事業の方が利益率は高いのです…。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP